読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠の夢と渡り鳥の旅

加藤シゲアキさんを中心に日々4人を愛でています

かるてっとのメニュー画面が素晴らしい #にゅすほめ

こんにちは!!!本日12月14日は念願のNEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO円盤発売日ですね!!!!!素晴らしい年内発売!!!!!!ありがとうございます!!!ドンドンパフパフ!!!!!

 

というわけで改めてこんにちは。

タイトル通り、発売されたかるてっとのメニュー画面(Disc1.2)が素晴らしすぎてしきさん(@shikishaa)主催の #にゅすほめ 、飛び入りで参加させていただきました。

www.adventar.org

ちなみにこれを書きたいがためにブログ開設しました(軽率)

 

みなさん本編見るために確実にメニュー画面ご覧になってますよね!?素晴らしくないですか!?whiteのメニュー画面もなかなかかっこよかったので今回も同じくらいかなって想像してました私は。

違った。想像の遥か上超えてきた。予想の数億倍かっこいい。

以下長々と語っていきますのでもしよければお付き合いよろしくお願いします。

 

一番初めに、4人揃った"QUARETETTO..."によって白く光る画面上の『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』の文字。そして流れるTheme of “QUARTETTO”

まずもうここから最高じゃないですか!?

4人の"QUARETETTO..."によってあの最高に楽しくて最高に幸せだったツアー中の思い出が息を吹き返すんです!!

エモい。とにかくエモい。ありがとうございます。

 

ここでまずライフゲージ3分の1くらい削られます。でもまあwhiteでもメニュー画面でMr.WHITEのイントロ流れたし...今回もそんな感じだろ...って思うじゃないですか。胸を押さえながら流れる映像を見ます。そして気付く。

えっ、音楽と映像あってるんだけど、、、!?なにこれ、、、!?

一番最初に来る小山さんのボイパによる"ブーン"。この音と一緒に映像が二重になります。それによって曲にはもちろんのこと、コンサートの映像が流れる中にアクセントが加わり、一瞬時が止まったかの様になる。

また、主にチュムチュムのアレンジに使用される"オオオッオオッオ”の様な音が二重になるような部分(伝われ)では映像もしっかり二重になっている!!!!すばらしい!!!100点!!

 

そしてその直後に来るNEWSKOOLの掛け声。ここで小山さんのかわいいお顔で"NEWS!"と来ます。

また、そこに入るファンからの"Hey!"の掛け声の時はすかさず会場全体が映る。これが2回連続で来る!最高!こやまさんかわいい!!ライフゲージはもう赤く点滅している!死にそう!!!生きる!!!

 

その後に来るチュムチュムの手越さんによる"エイヤーエイヤーエイヤー"も舞台上で手越さんが踊っている映像とリンクしているしその手越さんはかわいいしなんだこれかわいいの大渋滞。おめでとうございます無事にライフゲージは0です。

そして直後に来るブラックライト衣装の映像。

"明"続きの中で突如入る"暗"のアクセント最高過ぎますねありがとうございます!!!???

 

そのあと再び小山さんによる掛声。

あれっ、、、映像4分割、、、次は16分割!!!??

1回目の掛け声の時には一画面だったのに、、、!?

これは当初あまりパターンを持ち合わせていなかったところ(一画面)から4人がそれぞれ専門の、アイドル以外のことを見つけて(4分割)、それらを個々に大きくして行っている様子(16分割)なのかなあって思いました。こじつけ感ひどいけどそう思いたい。(強引)

 

そして次に来るのはWonderによる"We are Fantastic 4"

いやここまでかわいいが大渋滞だったのにここに来てWonderの爆イケ増田さん持ってくるの素晴らしすぎない!!???オスの目した増田さん大好物ですありがとうございます!!!!!

しかも"4"の部分に悪シゲ持ってくるあたり、、もう、、もう、、言葉が出ません、、、、

次に来る3回目の"NEWS!"では並んでパフォーマンスをする、花道を歩くNEWSが。

まるで『現在のNEWSはこうだ!』と、個々では様々なことやってるけど四人集まればハッピーな空間のできあがり☺️NEWSが1番☺️と表現している様でもう胸アツです。女子高生できゃいきゃいしているのもかわいいし、四銃士でかっこよく踊っているのも最高。

 

QUARTETTOを踊っている足元が映される。曲に含まれる足音を表現するために全体は映さず足元だけ。かっこいいが過ぎる。

その後に来る"エイヤエイヤー"では加藤さんがあのQUARTETTOを踊った衣装で右手をバッとしていて本当にかっこいいです!!!しかも前髪が若干目にかかっているためかっこよさ倍増!!!!ありがとうございます!!!!

 

その後の"ヤーヤーヤッヤヤーヤー"では手越さんが愛らしいおめめとお顔でカメラを覗き込みます。

かわいい!!!!!!我らが末っ子大勝利!!!!お金あげたい!!!!

そして直後の"オーオーオオー"では加藤さんが両手を広げ、風を受けて滑る。

美しさの大勝利………綺麗……

 

その後のコヤマスにもまあ萌えたんですけど長くなりそうなので割愛します。

そして4人の最高に楽しそうな表情が1人ずつ映し出されます。

touchの衣装で!!!!衣装はtouchです!!!

あの!!ジーンズ生地の!!!(しつこい)

なぜそんなにtouchの衣装を全面に押し出しているかというとあの衣装、私個人的に大好きなんですよ………キラキラし過ぎもせず、だからと言って地味にもならず、すごくかわいらしく、なおかつかっこよくまとめていて…ほんとにあの衣装をお作りになった増田さんには頭が上がらないし金一封送りたいです……

 

話を戻しましょう。

 

その後、曲はクライマックスに向けてだんだん盛り上がってきます。それに応じて映像のカット数も増え、映像の流れも早くなり、スピード感マックスです。

最後の最後、曲が一番高まるところでは映像で手越さんがフェイクをかき鳴らします(おそらくゥ"ワ"ンダァーーーーの部分)。

そして、ドォーンと低音で落ち着くところ。

ここで映し出される映像は、あの!!!!オルゴールが舞台上に登場するところです!!!!

そこでは会場が暗い中で、NEWSもファンもみんなみんな、ペンライトを掲げている。こんなにも最後に相応しく、美しい映像がこれの他にあるでしょうか、いやない(反語)

 

ここまで一連の流れに感動して身動きが取れないでいると、もう1度"QUARETETTO..."と最初から流れ始める。

やばい!!!!生き返る暇も無くもう1度死んだ!!!!最高ですありがとうございます!!!!

私はこれで5回は確実に連続でみました。

 

Theme of “QUARTETTO”はアルバム、QUARTETTOで最初に出現し、QUARTETTOというアルバムを表現する1曲目となっています。

今回、それをメニュー画面に採用し、ただ曲が流れている中で映像を流すのではなく、曲と映像を合わせ新しい『Theme of “QUARTETTO”』を作ったのはツアー、QUARTETTOの格別に良いところ、表題的なところを濃縮し、一つにまとめることで今回のツアーの内容をまとめあげ、表現するためなのかな、なんてこのブログを書きながら思いました。

そう考えるとメニュー画面だけで息も絶え絶えなのに本編大丈夫なのかと心配です。

メニュー画面だけでお腹いっぱい。でも本編は別腹です。

 

まあここから察していただけるかと思うんですけどまだ本編見れてません。メニュー画面で感動しまくってずっとそこで足踏みしている状態です。

そろそろ覚悟を決めて本編を見てこようと思います

 

皆さんも良きかるてっとライフを!!!!!